工事の違いを調べてみよう

>

誰が工事を依頼したのか

個人で依頼する場合

簡単に説明すると、企業や個人で依頼する工事を民間工事と呼んでいます。
公共工事は国や地方自治体が依頼して行うもので、工事の費用に税金が使われています。
民間工事の費用は、依頼する人が負担すると覚えておきましょう。
それぞれにはさらに、規模の違いがあります。
公共工事は規模が大きくなり、それに伴い工事の年数も1年から2年など、かなり長くなるケースが多いです。

ダム建設は特に規模が大きい公共工事と言われ、10年近い年月が掛かることもあります。
また公共工事はダム建設、道路や橋の建設や修繕など、様々なジャンルがあります。
どのような公共工事でも、その地域で暮らす人がより豊かな生活を送るために行われていると理解しましょう。

うまく付き合う方法

道路は年数が経過すると、陥没してしまいます。
放置すると車のタイヤがはまり、事故が起こるので修繕しなければいけません。
そのような時に、公共工事が行われています。
そして道路で公共工事が行われている間は、通行止めや片側一車線になることが考えられます。
渋滞が発生するので、その道を通りたい場合は迂回ルートを探してください。

片側一車線は通れないわけではありませんが、通れるまでかなり時間が掛かります。
約束の時間が迫っている時や、仕事に行く時は別の道を通った方が良いでしょう。
このように工夫すると、街中で公共工事をしていてもうまく付き合えます。
騒音がひどかったら図書館やレンタルスペースに行くなど、自分の環境を変えましょう。


この記事をシェアする