工事の違いを調べてみよう

民間・公共工事の発注までの流れを知る

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

誰が工事を依頼したのか

一般的に、公共工事は民間工事に比べて規模が大きいです。 それに伴って期間も長くなり、費用を支払う人が民間工事と公共工事では異なります。 それぞれの工事の違いについて、まずは詳しく調べましょう。 すると街中で工事が行われていても、うまく付き合えると思います。

規模が異なる場合が多い

民間企業や個人が依頼した場合に行われる工事を、民間工事と呼んでいます。
一方で国や地方公共団体が依頼する工事は、公共工事となります。
公共工事は、主に道路や橋、ダムなどの工事を請け負っており、その目的は地域で暮らす住民が、より快適に暮らせるよう整備をするためです。
規模が大きい工事も多く、特に道路を工事する場合は通行止めになることが考えられます。
さらに騒音が発生したりしますが、うまく工事と関わっていきましょう。

民間工事を行う場合は、まず業者を選択します。
業者は、工事を行う側が自由に決めることができます。
費用や実力、スタッフの対応などを考慮して、ベストな業者に相談しましょう。
契約書にサインをした段階で工事を発注したとみなされますが、しっかり契約書を読んでください。
少しでもおかしい部分や納得できない部分があればキャンセルしたり、詳しい説明を求めたりしてください。
サインしてしまうと、後戻りはできません。

公共工事を行う場合は、工事をやりたがっている業者が入札を行い、様々な条件を加味して1つの業者が選ばれます。
実力があり、信頼性が高い業者でないと公共工事を担当できません。
競争率が激しいと言われますが、公共工事を請け負うと業者の信頼性を大きく高めることができます。
これから仕事を獲得しやすくなるので、入札を行う業者がたくさん見られます。
入札には複数の方法があるので、それぞれの方法を一通り確認しておきましょう。

最初に業者を選択しよう

まずは、どこの業者に依頼するのか決めてください。 選択する際のポイントは経験が豊富で実力があること、さらに予算内に収まることです。 契約書にサインしたらもう解約ができないので、しっかり読んで、本当にこの業者で良いのかよく考えましょう。 契約まで、時間が掛かっても構いません。

やりたい業者がいっぱいいる

工事を担当したい業者が入札をするのが、公共工事の特徴です。 競争率が高いですが、公共工事は非常に人気があります。 それは公共工事に携わることで、信頼性を向上させ、今後の仕事に繋がりやすいからだと言われています。 具体的に入札の方法について、調べていきましょう。